キャッシング比較 3つのルール

どのキャッシングからお金を借りるか迷っている時に色々なところを比較しますよね。
あなたはどこで比較していますか?金利ですか?それともサービスですか?
キャッシングの比較パターンは、キャッシングを利用する人それぞれのルールの分だけあります。
返済日が給料日から近いかどうか、返済方式が残高スライド方式かどうかなど、細かいことを言い出したらきりがありません。

 

そこで、当サイトではキャッシング比較をする際に最低限守っておくべき3つのルールをご紹介します。
この3つのルールで比較をしたら、その後は個人個人の都合にあったものを選べば問題ありません。
最低限比較しておくべき点をご紹介しますので参考にしてください。

 

 

すぐに借りたい!即日融資対応 オススメランキング

アコム

貸付利率
(実質年率)
自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く) パート、アルバイトでも融資が可能!

アコムは即日融資にしっかり対応!
最大30日間金利0(ゼロ)円サービス
契約日の翌日から30日間無利息!

アコムは24時間インターネットからの申し込みが可能!3秒あれば融資が可能か自己診断することができます。アルバイトやパートでも自身に安定した収入があれば審査可能。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
急ぎでお金が必要な方への強い味方、CMなどでも人気の消費者金融です。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

上限金利を比較する


少しでも低金利で借りたいから金利で比較するというのは誰でも行うこと。
しかし、あなたが比較している金利、どこで比較していますか?
金利は、そのキャッシングで最も高い金利同士で比較しなければいけません。なぜなら、初めて借りる時はほとんどの場合が最も高い金利を取られるからです。
最も低い金利で比較してしまうと、その金利になるまでにいくら借入しなければならないでしょうか?しかも何年借り続ける必要があるでしょうか?そのキャッシングで最も低い金利は、最も高額な限度額で長期間借入実績がある人に適用される金利です。なので、最も低い金利で比較しても意味がありません。
金利を比較する時はキャッシングで最も高い金利同士で比較しましょう。

 

無利息キャンペーンで比較する

消費者金融に限ったことにはなりますが、無利息キャンペーンがあるかどうか、まず比較します。
以前はアイフルのみ無利息キャンペーンは行っていなかったのですが、ようやくスタートしたようで今ではほとんどの消費者金融が無利息キャンペーンを行っています。
そこで、無利息キャンペーンを行っている消費者金融をさらに比較する場合、その無利息キャンペーンがいつからいつまでの期間に設定されているかを比べます。
例えばA社は、契約したその日から30日間無利息のキャンペーンを行っていて、B社は初めての借入日から30日間無利息だとします。
もし、あなたが即日融資が目的で消費者金融を選んだのであれば契約できたらすぐにお金を借りることになると思うのでA社でもB社でもOKでしょう。しかし、契約してから初めてお金を借りる予定の日までに1週間あった場合、A社で契約してしまうと1週間分もったいないですよね。A社は借りてようと借りてまいと契約してから30日間ですので、もし1か月間1円も借りなければ全くムダな無利息キャンペーンとなってしまいます。
その点B社なら、1か月だろうと1年だろうと一度も借りていなければ、初めて借りた日から30日間が無利息になるためムダがありません、もしすぐに借りる予定がない人は、無利息キャンペーンは初めて借入をした日から30日間の方を選ぶようにしましょう。

 

提携ATMや銀行で比較する

返済や借入は、店舗ATMであれば手数料はほとんど全てのキャッシングが0円です。
しかし、店舗ATM以外のコンビニATMや銀行ATM等を利用すると、借入も返済もどちらにも手数料がかかります
意外と積もり積もれば大きな金額になるため、今アナタが手元に持っている銀行口座との提携があるかどうかを確認し、比較刷る必要があります。
また、返済方法は振込や引き落としなど色々な方法がありますが、ネットバンクと提携しているキャッシングだと24時間365日手数料無料で振込キャッシングや返済ができるところもあります。
ネットバンクを利用しているのであれば、そのような提携ATMや手数料が0円になる銀行があるかどうか確認して比較してみましょう。

 

細かいサービスも比較してみよう


先ほどの3つのルール以外にも、それぞれのキャッシングが行っているサービスで比較するのも一つの方法だと思います。
実際消費者金融や銀行、信販系などそれぞれのジャンルのキャッシングは、金利や利用できるATMなども似通っているため複数の候補が重なることもありますよね。
そんな時は、自分の都合にあったサービスで選んでみましょう。どれも特徴が似ているとはいえ、それぞれ他社と差別化を図るために特別なサービスを行っている場合もあります。

特別なサービスのあるキャッシング

アコム

在籍確認は電話以外でもOK。社員証や給与明細の提出で、勤務先への電話確認を免除してもらえる

プロミス

Web完結(※対象金融機関は200行以上あります。)でもカードなどの郵送物を一切ナシで契約可能

アイフル

配達時間を細かく指定できる

 

これ以外にも銀行カードローンやキャッシングでも色々なサービスがあります。
旦那に在籍確認が行かない専業主婦用のカードローンなども存在します。
色々と家族にバレずに契約したかったり、郵送物が送られて来たら困る、と言った細かい事情がある人は、そのような事情に合ったサービスで比較するのもいいと思います。